脱毛器ケノン

埋没毛の原因と対策

埋没毛

皮膚の下に毛が丸まったりして埋まってしまっている状況を埋没毛といいます。
埋没毛(まいぼつもう)とは脱毛・剃毛・除毛などの処理を行った後、何らかの原因で皮膚内で発毛・成長してしまった体毛のことで、また埋もれ毛・埋まり毛とも呼ばれる。

 

埋没毛になる原因

この埋没毛は、ムダ毛処理の際に肌を傷つけてしまい、その傷口が再生してしまうことで次に生えてくるべき毛が、皮膚の中に閉じ込められて出てこれなくなってしまうものです。

 

また他の原因として毛が切れ、先が尖ることで毛穴ではない皮膚内を貫通してしまということもあげられます。
このような原因により皮膚内に進入した毛がそのまま成長してしまうことで発生してしまうのが埋没毛なのです><

 

主に脱毛をする女性に多く見られ、脇やビキニラインなど皮膚の弾力がなく毛の生える方向がまちまちの部位に発生しやすいのが特徴です。
私も埋もれ毛がビキニライン(Vライン)にできてしまいました。ほんっと薄い皮の下に毛がもぐってしまってるんですよね;;

 

 

埋没毛の悪影響

ケノン 口コミ

埋没毛が生じた結果、肌が鳥肌状に荒れたりしてしまうがほとんどの場合、毛がそれ以上伸びないところまで放置しておくと自然に分解され排泄されてしまうようですが、場合によっては色素沈着を起こしたり、炎症を起こし毛嚢炎になることもある。

 

私は治った事もあれば、毛嚢炎になったこともあります。
もうのうえんは毛穴部分が腫れたり膿んだりする状態で、ニキビなどの症状と似ているといえます。
そのためニキビと同じように、解消された後もシミや黒ずみとなって痕が残ってしまう可能性があります。ですから、自分でムダ毛処理をしていて、毛嚢炎などの肌トラブルが発生した場合は、出来るだけ早く皮膚科などで診てもらうようにしましょう。

 

 

埋没毛の治し方・処置方法

皮膚科医と相談し、レーザー脱毛を用いて埋没毛の部位を取り除くのが一番よい方法です。やはり皮膚の中のことですから、専門のお医者さんにみてもらったほうがその後の化膿などの危険性を考えるといいですね。

 

自分で処理する場合は消毒した患部によく消毒された針を用いて皮膚を軽く切開しその穴から毛を取り出す方法や
表皮のごく浅い層に発生した場合はタオルや垢すりなどで皮膚をこすり毛を出す方法もありますが、皮膚を傷つけてしまい、悪化する可能性もあります。

 

 

埋没毛にならないために!対策と予防法

 

予防としてはまずは毛抜きや剃刀を使った自己処理はやめること!
根本的な予防として、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛で当該部位の毛を脱毛してしまうという方法があります。

 

おすすめは私も持っているケノン!家庭で脱毛が出来るので便利です。


ケノン公式サイトならキャンペーンも値段もばっちり!

最新のケノンをチェック!

脱毛器ケノン

埋没毛の原因と対策関連ページ

陰毛の脱毛の仕方
家庭での陰毛・アンダーヘアーの脱毛の方法は?おすすめのアンダーヘア(Vライン・Oライン・Iライン)の脱毛の処理はこちら。
脱毛にいい時期はいつ
脱毛するのにいい時期や脱毛の開始に適した季節はいつなのでしょうか?どのくらいフラッシュ脱毛が完了するまで時間がかかるのでしょうか?気になる人はここ!